日本共産党府中市議団

市議会活動を中心に掲載しています

2022年8月2日
から @jcpfuchuadmin@
緊急要望を府中市長と教育長へ提出しました はコメントを受け付けていません

緊急要望を府中市長と教育長へ提出しました

府中市議団は7月1日(金)、急激で深刻な物価高騰から市民の暮らし、営業を守るための緊急要望を提出しました。
その財源については、国の交付金だけでなく、80億円もため込まれている「財政調整基金」の積極的な活用を行うよう強く求めました。
また、この間の異常気象の下で連日の猛暑日となる中、市民の命と健康を守る熱中症対策についても併せて求めました。

緊急要望項目

1、物価高騰の影響が給食食材費に大きく及ぶ場合にも、保護者負担とせずに、市負担で十分な対応を行うこと。

2、就学援助制度については物価高に苦しむ子育て世帯に対応するために、所得基準の引き上げ(認定基準の引き上げ)を行ない、より多くの家庭が就学援助支援を受けられるようにすること。

3、保育・介護・障害者施設等に対する食材費や光熱費、ガソリン代への補助、給付を行うこと。

4、市の契約(物品、工事)などへの影響から事業者を守るための措置を速やかに実施すること。

5、見直しの年度となっている国民健康保険税については、新型コロナの影響に加えて物価高のもとで、国保料の値上げはせずに、値下げを行うこと。

6、電気代などの値上が りによる光熱費補助な どを、低所得世帯に対 して実施すること。

7、異常な暑さのもとで の熱中症対策として、 政府通達によるマスク 着用の考え方を市民に 周知し、十分な距離と 換気が行われている場 合や屋外でのマスク着 用については子どもや 高齢者をはじめ身体の 安全を最優先にするよ う注意喚起を行うこと。

8、エアコンの設置費助成を行うこと。

また、以下の項目について、市として国や東京都に対して求めるよう要望しました。
①消費税減税を国に対して求めること。併せて、インボイス制度の中止も求めること。
②10月からの高齢者医療費窓口負担2倍化については中止するよう国に求めること。
③猛暑から生活保護利用者の命と健康を守るために、生活保護制度の夏季加算を緊急に実施することを政府や東京都に求めること。

以上

2022年2月3日
から @jcpfuchuadmin@
新型コロナ感染の急拡大から市民のいのちと暮らし、生業を守るための緊急要望を提出 はコメントを受け付けていません

新型コロナ感染の急拡大から市民のいのちと暮らし、生業を守るための緊急要望を提出

新型コロナ感染の急拡大から市民のいのちと暮らし、生業を守るための緊急要望を提出しました。

緊急要望

20220202youbou

新型コロナウイルス感染症から市民の命と暮らしを守るための緊急要望

新型コロナウイルス感染症対策に全庁をあげて全力で取り組まれていることに敬意を表します。

さて、国内では2月1日、新たに8万1678人の新型コロナウイルス感染者が確認され、東京都でも1万4445人の感染が確認されました。感染は全世代に広がり、特に感染した人が他の人に感染させる時間(世代時間)が短いという特徴がある「オミクロン株」は、市民の健康と社会生活全般に大きな影響をもたらしています。
また、学校・教育施設や保育所(園)など子ども関連の施設で感染が急拡大し、学級、学年閉鎖や登所(園)自粛要請などが行われています。
このような状況を踏まえて日本共産党府中市議団は、市民の命と健康を守り、中小事業者の生業を守るために、市として以下の対応を緊急に実施するように求めるものです。

1)医療機関などへの支援体制強化について

  • 市独自の市内医療機関への支援を、市医師会と連携し実施すること。
  • 保健所の抜本的な体制強化を直ちに行うように、東京都に求めること。
  • やむを得ず自宅療養となる感染者に対して、市医師会の協力も得て、医師、看護師による管理・往診体制を強化すること。また、食糧支援体制についても維持強化すること。

2)3回目のワクチン接種について

  • 基礎疾患のある市民や妊産婦3回目ワクチン接種を前倒しし、迅速に行うこと。
  • 教員やケア労働の現場で働く職員ついても3回目のワクチン接種を前倒しで行い、優先接種の対象に加えること。
  • 自衛隊による大規模接種会場や職域接種などで2回接種済みにも関わらず、その接種情報がワクチン接種記録システム・VRSに記録されていない場合がある。このような人にも3回目の接種案内が滞りなく行われるように対応すること。

3)検査体制の強化、拡充について

  • 小中学校、学童クラブ、保育所(園)や幼稚園などの子どもの施設において、教職員の定期的なPCR検査を実施すること。また、上記の施設を利用する子どもの定期的なPCR検査の実施を国、都に要望すること。
  • 東京都が市内ドラッグストアなどで行っているPCR等検査無料化事業について、期間の延長、検査箇所数の増設などを求めること。また、実施する市内の実施場所を市ホームページに転載するなど、市民に周知すること。
  • 学校、保育所(園)や学童クラブ等で陽性が発覚した場合、施設に関係するすべての希望者(保護者も含む)に対する無料PCR 検査を実施すること。
  • 保育所(園)が休所(園)の場合、仕事を休めない保護者の子どもを預かる体制の整備など、自治体として保育の実施責任を果たすこと。
  • 希望する市民が、無料で受けられるPCR など検査スポットを市として設置すること。その際、事業者などの協力を得ることも検討すること。

4)市民の暮らし、営業継続のための支援強化について

  • 困窮している中小事業者や市民に対して市独自の支援を行うこと。
  • 国の臨時特例給付金の給付対象世帯と同じ世帯所得であるにも関わらず、給付対象外となった世帯へ給付金を支給すること。
  • 子ども臨時特例給付金については、昨年9月以降に離婚した世帯やDV被害者などに給付が届かないことがないよう、制度の主旨に従い適切に保護者に給付するようにすること。

5)その他

コロナ対応の最前線の医療である都立・公社病院の独立行政法人化を中止するように市として意見を東京都にあげること。

以上

2021年11月15日
から @jcpfuchuadmin@
市議団ニュース(9月議会報告)が刷り上がりました はコメントを受け付けていません

市議団ニュース(9月議会報告)が刷り上がりました

市議団ニュース(9月議会報告)が刷り上がりました。(下のリンクからご覧いただけます)

11月14日付、新聞各紙に折り込みしました。

お手元にない方はは議員団まで電話やメール頂ければお届けします。

市議団ニュース11月号 👉202111_news

 

2021年11月15日
から @jcpfuchuadmin@
2022年度予算編成に向け、予算要望書を提出しました。 はコメントを受け付けていません

2022年度予算編成に向け、予算要望書を提出しました。

日本共産党府中市議団は、府中市の2022年度予算編成に向けて予算要望書を提出しました。(全文は下のリンクからご覧いただけます)

2022年度予算要望 👉2022_yosanyoubou

また、11月5日、高野市長に面談いただき、要望内容について説明しました。

 

2021年7月1日
から @jcpfuchuadmin@
市民の命とくらしを守るための緊急要望提出 はコメントを受け付けていません

市民の命とくらしを守るための緊急要望提出

日本共産党市議団は、府中市長と府中市教育長へ、以下の緊急要望を提出しました。(6月29日)

秘書課長へ、要望を提出する議員団(赤野、竹内)

===========================================

府中市長   高野 律雄 様

府中市教育長 酒井 泰  様

新型コロナ禍の下で、市民の命とくらしを守るための緊急要望

 

新型コロナウイル感染症の終息が見通せない中、人流を大きく呼び込む五輪が開催されようとしています。

多くの世論は、今夏の五輪は中止若しくは延期し、コロナ対策に全力を注ぐように求めています。しかし、国や都は五輪開催に向けての作業を推し進め、府中市では五輪への「学校連携観戦」での児童生徒の参加動員やパブリックビューイングなど感染を拡げることが懸念される諸行事が計画されおり、市民の命と暮らしを守るべき地方自治体の姿勢として、非常に大きな問題です。

また、先の国会では、「土地利用規制法」が可決成立され、府中市民にとっても見過ごせない問題となっています。

そこで、日本共産党府中市議団は、以下の緊急要望を申し入れるものです。

2021年6月29日

日本共産党府中市議団

日本共産党府中市委員会

1.今夏の東京オリンピック・パラリンピック競技大会への学校連携観戦については、多摩地域では武蔵野市、小平市、三鷹市が中止を決定しました。府中市、府中市教育委員会においても直ちに中止を決断し、その旨を東京都に申し出ること。

2.府中市は東京都組織委員会と府中市が計画している東京オリンピック・パラリンピック競技大会に関連する聖火リレーなどイベントの開催、パブリックビューイング等の開催は中止すること。

3.市内の屋外プール・学校開放プールが中止される中での地域プール廃止の計画は中断し、使用が再開されたのちに利用者への周知と利用者からの意見を聞いた上での個別の施設の在り方の再検討を行うこと。

4.東京都議会議員選挙の期日前投票所について、プラッツでの期日前投票所の案内を接種会場の案内とともに、有権者が分かるように掲示すること。

5.国の新型コロナワクチン大規模接種センターでの予約が終了や職域接種のワクチン量が足りなくなる状況が生じている。市での優先接種の考え方として、ケア労働(福祉・保育・学校など)として業務的に早急な接種を必要としている職種への優先接種の在り方をただちに検討し安全かつ迅速な接種につなげること。なお、個人や事業者が接種の可否を決定する際は自由意志を尊重し、パワーハラスメントやワクチンハラスメントなどに十分に配慮するよう促すこと。

6.新型コロナワクチンの接種が18歳以上64歳未満にいきわたるにはまだまだ時間がかかることから、現在のワクチン接種の状況だけでは新型コロナウイルスの蔓延防止には不十分であることをふまえ、PCR検査の拡充に必要な財政支援を国や東京都に求めること。またワクチン接種ができない子どもへの対応として、市独自に保育施設や学校施設での検査実施を検討すること。

7.土地利用規制法について、府中市でも非常に大きな影響がでるものと思われる。ついては詳細な内容を調査し、市民に広く知らせるとともに、地方自治体として市民の財産権やプライバシーなど人権を侵害することがないように対処し、国に措置を求めること。

以上